Yokoi Sumito Official Web Site

Diary

秦野WATER ROCK FESTIVAL

Down’Mellow 野外Live 

第8回丹沢謌山WATER ROCK FESTIVAL に参加させて頂きます。(入場無料)

日時:令和元年10/19(土) 10:15 ~ 17:00

*Down’Mellow出番は11:00頃からを予定しています。
場所:秦野戸川公園多目的グラウンドA (神奈川県秦野市堀山下1513)
お問い合わせ:丹沢謌山実行委員会事務局 TEL:0463-45-0281

世界一位となった丹沢の水の周知活性化のため「水×音楽」をテーマにしたウォーターロックフェスティバル。

お笑いや飲食ブースも多数出展します。

自然の中、のんびりと音楽を聴きながら食べたり飲んだりと。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Down’Mellow ブルースハープとピアノのライブ

Down’Mellow 令和初Live 

日時:令和元年5/12(日) 18:00オープン/19:00スタート予定
お店:Bar Beluga 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-7-1・ケインズタワーB1F
TEL:0466-24-4257
チャージ : 投げ銭

出演:
Down’N Mellow(ダウンアンドメロウ)
居相毅(ハーモニカ)

横井澄人(ピアノ)

ゲスト:ホンマ輝子(Vo)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

久しぶりのDown‘Mellowライブ!

Down’Mellow Live 

*久しぶりのミキハウスでライブです。
ミキハウスは、手作りのお料理も美味しい、グランドピアノがある素敵なお店。
鍵盤が間近に見える距離で聴いて頂けます。

今回はどんな音が飛び出すか。演奏者自身ががワクワク、楽しみです。
是非遊びにいらして下さい。

日時:2018年8/25(土) 18:30開場/19:00スタート予定
お店:明大前ミキハウス(京王線明大前より徒歩3分:明治大学和泉校舎すぐ右隣)
杉並区永福1-1-1・シャトレ明大前1F
TEL:03-3321-0698
チャージ : 投げ銭+1ドリンク+1フードオーダー

出演:
Down’N Mellow(ダウンアンドメロウ)
居相毅(ハーモニカ)

横井澄人(ピアノ)

★スペシャルゲスト

のがみともみ(Vo)

アリチトシユキ(Gt)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

春のDown’Mellow ライブ(BluesHarp&Piano Duo Live)

春のDown’Mellow Liveやります!

日時:2018年4月15日(日)18:30開場/19:30開演

場所:明大前ミキハウス(京王線明大前より徒歩3分:明治大学和泉校舎すぐ右隣)

杉並区永福1-1-1・シャトレ明大前1F TEL:03-3321-0698

チャージ:300円

【出演】

Down’mellow  : 居相毅(Blues harp) 横井澄人(Piano)

Special Guest : 河野 智行

*ミキハウスは、グランドピアノのある素敵なお店。

美味しいご飯を食べながら、ゆっくりと演奏を聴いて頂けます。

今回は、ゲストにシンガーソングライターの河野智行さんをお招きしています。

河野さんの歌声と優しいメロディーは、抒情的な歌詞と繋がり心に染みてきます。

忙しさの中で忘れかけていた大切な感情に気づかされたり・・・。

ご都合がよろしい方、ゆったりとした時間を過ごしに来て下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Harpdog Showcase ~居相毅バースデースペシャルに出演します~2017.9.24

「バースデースペシャル!!「居相毅プレゼンツ Harpdog Showcase DVD発売から10年 ~歌うたいとハーモニカと音楽と~」

日時:9/24(日)18:30~
場所:東中野 ALT_SPEAKER
open 18:00/start 18:30
charge¥2500+1drink

<会場>
bar&music spot ALT_SPEAKER
http://www.altspeaker.com/
東中野東口南方面階段から徒歩4分
<出演>
Down’N Mellow(横井澄人・居相毅)
河野智行
村上通
ママノリア
坂彩加

 

*居相さんとは、もうかれこれ15,16年Down’N Mellowというピアノ・ハーモニカというデュオで演らせて頂いている。長いこと一緒にやっていると、相手の動きがわかり、お互いが作りたい音へ導かれるように音を紡いで来た。音楽とは面白いもので、上手い下手のテクニックだけでは語れない、面白さがそこには存在する。人生という時間を経過する中で感じた感情の起伏や出来事が、不思議と濾過されて音に反映するのだ。よく熟練したジャズマンが音を極限まで削ぎ落し、間(スペース)が音楽を形作っている演奏を耳にすると、これこそが音楽の醍醐味の1つだと感じずにはいられない。私自身が何処に向かっているのかは神のみぞ知る処であるが、少なくとも独りよがりな演奏を目指したくはない。音は聴いてくれる人が居てこそ存在価値があるものだと思う。是非生音を確かめにいらして下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


1 / 512345